マルチディスプレイ活用法


パソコンデスク 通販.com


 
トップカテゴリ一覧ご利用案内よくあるご質問
トップ > コラム >
 
マルチディスプレイ活用法


マルチ画面で快適パソコンライフ

1つのディスプレイだけでなく、2つあるいは3つと複数のディスプレイを使ってパソコンを行うマルチディスプレイは、株取引やFXを行うデイトレーダーなどの間ではお馴染みの手法です。一般の人でも、ディスプレイを2画面にすることで、パソコンをより快適に使うことができます。

デスクトップパソコンの場合、マルチディスプレイの使い方としては、同じ機種・サイズのものを2つ並べて、デスクトップのフィールドを左右に広げる方法です。ソフトまたはファイルを複数立ち上げて作業する場合、それぞれのウィンドウが重なり合って見づらくなることがありますが、ディスプレイが2つあれば、左右に振り分けて参照することができます。また、映画やゲームを行う場合は、同じ画面をさらに広げて立体的に映し出すことでき、3つのディスプレイを三面鏡のように組み合わせれば、3Dのようにリアルな視界や迫力を2Dでも得ることができます。


デスクの角度を変えて並べることで、ディスプレイを無駄なく設置することもできます。



ノートパソコンもマルチに使える

ノートパソコンを使っている人にも、マルチディスプレイはとても有効なパソコンの使い方としておすすめです。メールをやりとりしたり文章を作成するなど、大きなディスプレイを必要としないときは通常のノートパソコンとして使い、動画などの映像を見たり長時間作業を行う時などは、ノートパソコンの外部ディスプレイ端子に大きなディスプレイを繋いで快適な作業空間を作り出すことができます。最近の液晶ディスプレイはかつてよりも安価なため、パソコン本体を買い換えた際にディスプレイだけを残しておき、手軽にマルチディスプレイにすることも可能です。

ノートパソコンをスライド天板に置くことにより、デスクの上のスペースを広く使うことができます。



アイデア次第で広がる使い道

マルチディスプレイはフィールドを広げるだけでなく、まったく別のソフトの画面をそれぞれに映すという使い方も可能です。

例えば、1番目のディスプレイは作業用に使用し、2番目のディスプレイはテレビや音楽などを写し、3番目のディスプレイはメールやチャットを楽しむといった使い方が考えられます。もちろんパソコンのスペックがそれなりに高いことが条件となりますが、アイデア次第でさまざまな使い方が考えられます。

パソコンデスク通販.comでは、マルチディスプレイも余裕をもって行えるよう、120、150、180センチ幅のパソコンデスクから、さらに210センチ幅のワイドタイプまで、さまざまなバリエーションのパソコンデスクを用意しています。その他、いろいろなキャビネットやラックを組み合わせて、マルチディスプレイを使ったパソコンライフを始めてみませんか。



ディスプレイを複数並べるためには、一定以上の横幅が必要になります。





コラム 一覧へ戻る >>





トップカテゴリ一覧サイトマップ


Copyright (C) パソコンデスク 通販.com. All Rights Reserved.