パソコン周辺をきれいに見せる方法


パソコンデスク 通販.com


 
トップカテゴリ一覧ご利用案内よくあるご質問
トップ > コラム >
 
パソコン周辺をきれいに見せる方法


煩雑なパソコン周りを見直してみよう

皆さんは、どんなパソコン周辺機器をお持ちでしょうか。プリンターやスキャナー、外付けハードディスクやDVDドライブを増設したり、PC用スピーカー、あるいはゲーム用のコントローラーを接続している人もいるかもしれません。また、周辺機器が増えていくと電源コードやパソコンに繋ぐUSBなどのコードも多くなり目立ってきます。

パソコン周辺機器は、あればあるだけ確かに便利になりますが、パソコンの周りはどんどん煩雑になります。またパソコン用ソフトのDVDやCD-ROMがどんどん増えていき、パソコン関連の機器やソフトの収納方法に頭を悩ませている人も多いと思います。

よく考えてみると、プリンターは印刷の時にだけ用いるもので、普段はまったく使っていません。こうしたパソコンの周辺機器をスッキリと収納するためのアイデアを考えてみましょう。


外付けハードディスクやルーターなどをまとめて収納しておける収納スタンドもあります。



コード類を見えなくしよう

パソコン周りをスッキリ見せる方法の一つとして、コード類をできるだけ見えなくすることがあります。まず、デスクの上がスッキリしないという人は、マウスとキーボードをワイアレスタイプのものに替えてみましょう。それだけでかなりスッキリして見えるはずです。

電源コードが部屋のコンセントに複数差し込まれている場合は、できるだけ口数の多いパソコンまたはOA用のテーブルタップを使い、コンセントの接続はすべてパソコンデスクの裏側で行います。

パソコンデスクの中には、延長コードやテーブルタップが収められる引き出しの付いたものもあります。スイッチ付きのテーブルタップをこの引き出しの中に納めておけば、使いたい周辺機器の電源だけを手元で簡単にオンオフでき、省エネにも役立ちます。

ただ、OAタップはたくさんのアダプターが差し込まれていて、見た目があまり良くありません。そこで、OAタップを段ボールなどの空き箱で隠す方法もあります。最近はOAタップを収納するための木製やレザー調の収納ボックスや収納スタンドなども市販されていますので、見た目も大変美しく収納することができます。


OAタップを収納ボックスに入れて置けば、見た目もすっきりしておしゃれ感もアップします。



基本はモニター、キーボード、マウスの3点

ある著名グラフィックデザイナーの方の事務所は、机の上に置いてあるものが、モニター、キーボード、マウスの3点だけで実にすっきりしています。それ以外の周辺機器などはパソコン本体を含めて、すべてキャビネットやラックの中に収納されています。

そこで、パソコンの周囲をスッキリ見せる方法として、使用頻度の低いプリンターなどの周辺機器は、思い切って扉付きや引き出し式のキャビネットの中に納めてしまうのも一つの手です。そして印刷する時だけキャビネットの扉を開けたり、引き出して使うようにします。個人の部屋では、そこまで徹底するのは難しいかもしれませんが、パソコンを収納する際のヒントにはなります。

パソコンデスク通販.comでは、機能的なパソコンデスクをはじめ、周辺機器を納めることができるキャビネットやデスクワゴン、ルーターやOAタップが収納できるボックスなどを取り揃えています。こうした収納グッズを皆さんのアイデアでさらに活かしながら、パソコン周りをスッキリまとめてみましょう。


スライド天板とフラップ式扉があるので、使わない時はデスクの上はとてもすっきりします。




コラム 一覧へ戻る >>





トップカテゴリ一覧サイトマップ


Copyright (C) パソコンデスク 通販.com. All Rights Reserved.